という結果、山田は3番で。

ということになると弱の打者をどうするのか?という苦しみに。
初めて、山田には、ランナーある状態で打たせることを考えて、前の打者は、出塁割合が高い打者を置かないといけない。
すると代わりは、二つ。前年みたいに首位打者です川端って、今季、3割をキープして掛かる坂口。こういう2択であることは請け合い。
こういう2お客は、やはり左手打者です点。山田は右手打者です点。ユーザーにとりまして、左手打者は、圏外にとり辛い。
当たり前の結果はあるのですが、1塁ベースには、左手打者のほうが近いですし、左手打者は、打った針路に走り回ることができるので、左手打者のほうが、命中になる確率が高い。イチローがそれほどでしょ。
内野安打が多いのは、そういうことであるのでね。
ですから、本当は、バレンティンがホームラン打者であるので、出塁割合がおっきい山田の残りに捨て置く。それも4番に置くのが、金字塔ではあるのですが、亭主は守備に足に問題あるので、ラスト。山田の残りに代走で出た選手という結果、敬遠される気掛かりがありますからね。
そんなわけで、4番ね。左手打者で本日打者の雄平は望みなのですが、今年も相変わらずであるのでね。ってなると、川端か。まんこが臭い